STICPAY(スティックペイ)口座からの具体的な出金方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STICPAY出金

海外FXやオンラインカジノの入出金にとても便利なのがこのSTICPAY(スティックペイ)です。

そこで今回は、STICPAY口座からの出金方法を解説します。出金方法によって手数料や、着金時間などが異なるので一つ一つ詳しく紹介していきます。

STICPAYのプリペイドカードは全国のATMから資金を引き出せるので非常に便利に利用できるので人気のサービスとなっています。

また、取引手数料の一部から獲得できるSTICPAY専用の内部通貨(仮想通貨)SCOINについても紹介していきます。

STICPAYの詳細情報は公式サイトで!
STICPAY公式サイトはこちら

XMから利益分の出金に、STICPAYが利用できなくなりました。

※ 追記(2019年6月20日)

6月19日頃より、XMでSTICPAYを利用しての出金は、規制強化により入金分までしか出金できなくなりました

この間に利益分を含めた出金依頼を出していた場合、出金依頼は取消となり資金はXM口座に戻されるとの事です。

現在、XMでの利益分の出金は電信送金のみ利用可能となっています。
電信送金を含むXMの出金方法については、以下の記事でまとめています。

STICPAY口座からの出金方法一覧

STICPAY口座からの出金方法は以下の通り。

  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • STICPAYカード(※)

※2019/04/01より、新しいSTICPAYカード「Unionpay Prepaid Card」がリリースされ、新発行及び、利用ができるようになりました。

STICPAY口座からの出金手数料と着金時間の目安

出金方法 手数料 着金時間
国内銀行送金 出金額の1.5%+800円 通常1~2営業日
海外銀行送金 出金額の5%+約50ドル(銀行間の手数料) 通常7営業日
STICPAYカードへ入金 入金額の1.3% 通常1~2営業日

STICPAYカードを使っての出金は、STICPAY口座からSTICPAYカードに資金を移動(手数料は入金額の1.3%)して、ATMでの出金(出金額の1%)となります。

また、STICPAYカードの通貨は香港ドル建て固定のため、日本国内のATMから日本円で出金する場合、別途為替手数料2%が発生します。

STICPAY口座からの出金(国内銀行送金)

手数料 出金額の1.5%+800円
銀行口座への着金時間 通常1〜2営業日
送金限度額 最小:0円
最大:500,000円

1.STICPAY公式ページよりログインします

2.左メニューの出金の「国内銀行登録」をクリックします

国名・名前・銀行情報を入力し、「保存」をクリック

STICPAY-銀行口座登録

項目 記入方法
 国名  ▼をクリックしてJapanを選択
 名前  例:ヤマダタロウ(カタカナで入力)
 銀行  ▼をクリックして銀行を選択
 口座番号  口座番号を入力
 支店名  支店名を漢字及びアルファベットで入力
 支店番号  支店番号を入力

4.登録が完了したら「出金➞国内銀行送金」をクリックします

先ほど登録した銀行口座を選択し、出金金額を入力します。入力情報を確認し、「次へ」をクリックすると出金手続きは完了です。

STICPAYより「出金申請が受理されました」のメールが届きます。この時点でSTICPAY口座から出金金額が引き落とされます。通常1~2営業日ほどで銀行口座へ資金が反映されます。

STICPAY口座からの出金(海外銀行送金)

手数料 送金額の5%+銀行間の手数料(約50ドル)
銀行口座への着金時間 通常7営業日

海外銀行送金(出金)の手数料はSTICPAY側で送金額の5%手数料がかかり、利用する銀行間の手数料(リフティングチャージなど)が発生します。

STICPAY口座からの出金は、国内銀行送金に対応しているため、この海外銀行送金での出金を選択するメリットはありません。

1.STICPAY公式ページよりログインします

2.左メニューの出金の「銀行口座番号登録」をクリックします

STICPAY出金

3.左メニューの出金の「銀行口座番号登録」をクリックします

STICPAY海外銀行送金(出金)

項目 記入方法
銀行名 アルファベットで入力
銀行の住所 アルファベットで入力
銀行の口座番号 店番号と口座番号を入力

ABA番号とは、アメリカの銀行口座を特定するためのABAナンバーのことで、このABAは、日本の銀行口座では採用されていません。そのため日本の銀行口座に国際送金する場合は、SWIFTコードを入力してください。

日本の金融機関のSWIFTコード一覧

STICPAY海外銀行送金(出金)

中継銀行の情報は、入力しなくてもOKです。

4.登録が完了したら「出金➞海外銀行送金」をクリックします

先ほど登録した銀行口座が表示されるので、登録した口座をクリックします。
最後に、出金金額などの情報を入力すれば出金手続きは完了です。

STICPAYより「出金申請が受理されました」のメールが届きます。この時点でSTICPAY口座から出金金額が引き落とされます。通常7営業日ほどで、指定した銀行に着金します。

STICPAYカードとは?

STICPAYカード

STICPAYカードは、カード会社Unionpayとの提携プリペイドカードで、このプリペイドカードを持っていればUnionpayと提携している世界中のATMから現金を引き出すことができます。

STICPAYカードは、日本国内でも利用することができ、引き出しは現在セブン銀行とゆうちょ銀行が対応しています。

また一ヶ月に利用できる限度額が9,500ドルと非常に大きく、買い物から海外FX口座への出金など使い勝手もいいです。

STICPAYカードの限度額と手数料

▼STICPAYカードの使用限度額▼
内容 限度額
1日の利用限度額 2,000ドル
月間決済可能金額 9,500ドル
1日のATM引出限度額 5,000ドル(ATM出金可能金額はATM別で異なる)
1ヶ月のATM引出限度額 9,500ドル
▼STICPAYカードの手数料▼
資金移動の種類 取引手数料
入金手数料 入金額の1.3%
カード再発行手数料
(有効期間満了後、再発給手数料)
HKD 130
最小振替金額 HKD 500
ATM引出手数料 最小20HKD、または出金金額の1%
会費 STICPAYカード発給後13ヶ月目から毎月HKD 10
残高確認 オンライン:無料 | VRS :無料 | ATM : HKD 5
カード発給手数料 無料(ただし、配送料は別途35ドル必要)

2019年4月現在、1HKD≒14.20円となっています。

STICPAY口座からSTICPAYカードを使って日本のATMで引き出す場合、STICPAYカードの通貨は香港ドル建のため、別途2%の為替手数料がかかります。

STICPAY口座が香港ドルの場合

STICPAY口座(香港ドル)➞STICPAYカード(香港ドル):入金手数料1.3%
STICPAYカード(香港ドル)➞ATM出金(日本円):出金手数料1%+為替手数料2%

ということになり1回の為替手数料が発生します。

STICPAY口座がJPYの場合

STICPAY口座(日本円)➞STICPAYカード(香港ドル):入金手数料1.3%+為替手数料2%
STICPAYカード(香港ドル)➞日本のATM出金(日本円):出金手数料1%+為替手数料2%

2回の為替手数料が発生することになります。

STICPAYカードをよく利用する方は、STICPAY口座の通貨を香港ドル(HKD)で追加開設することを推奨します。

STICPAYカードのメリット

世界中のATMから現金を引き出せる

STICPAYカードがあれば、Unionpayと提携している世界中のATMから現金を引き出すことができます。日本国内でのATMではセブン銀行などが対応しています。

また、海外に旅行に行った際に、STICPAY口座に資金があれば、現地の通貨で現金を引き出すことが可能です。

ショッピングやオンライン決済にも利用できる

STICPAYカードはUnionpayブランドのプリペイドカードなので、Unionpay提携の加盟店であれば、世界中どこにいてもショッピングなどができます。

また、Unionpayブランド対応のサイトであれば、オンライン(インターネット上)でも決済が可能です。

STICPAYカードのデメリット

STICPAYカードの配送に費用がかかる

STICPAYカードの発行には手数料は発生しませんが、カードの発送費用として35ドルがかかります。

会費がかかる

STICPAYカードは、カードの発行後13ヶ月以降から毎月10HKDが会費(口座維持手数料)として口座残高から引き落とされます。

カードに資金を移動する手間がかかる 【STICPAY】⇒【STICPAYカード】

STICPAYカードを利用するには口座にある資金をSTICPAYカードに移動しなければならないという手間がかかります。慣れないうちはこの一手間が面倒だと感じるのですが、慣れれば問題ないです。

カードに入金(移動)する際に入金額の1.3%の手数料がかります。

STICPAYカードでの出金方法

まずはSTICPAY口座からSTICPAYカードに資金を送金します。その際に手数料が送金額の1.3%がかかります。

また、STICPAYカードの通貨は香港ドル固定なので、STICPAY口座が香港ドル以外の場合、別途2%の為替手数料が発生するので注意して下さい。

STICPAYカードに資金を送金

1.)STICPAY公式ページよりログインをし、「STICPAYカード」→「振替資金」をクリックします。

2.)必要項目を入力し、「Submit」をクリックします。※カード通貨単位は香港ドルのみとなっています。

STICPAYカード

  • 金額:STICPAYカードに送金したい金額を入力
  • カード番号:例 ****-****-1234-5678 カード番号の下8桁
  • 生年月日:選択式、右のカレンダーから選択して入力

3.)登録メールアドレスにSTICPAYより「出金申請受理されました」のメールが届きます。
申請完了後、通常1~2営業日ほどで送金手数料が差し引かれ、STICPAYカードへ反映されます。

国内のATMからSTICPAYカードで出金

STICPAYカードに資金が入っていることを確認したらATMで引き出しができるようになります。日本国内での引き出しは現在、セブン銀行、ゆうちょ銀行などが対応しています。

ATMでSTICPAYパスワード6桁のPINコードや金額などを入力すると現金を引き出すことができます。手数料は出金金額の1%と為替手数料2%の手数料が発生します。

STICPAYの個人間の送金

STICPAY口座を持っている人同士での送金にも対応しています。
この場合には、STICPAYに登録したメールアドレスを入力するだけで簡単に資金を送金することができます。

▼個人間送金の手数料と時間▼
送金方法 手数料 口座反映までの時間
個人から個人へ 送金額の1%(最大35ドル) 即時
個人からマーチャント(※1)へ 無料(※2) 即時

※1.マーチャント(加盟店)とは簡単に言うと業者のことで、STICPAYを通してオンライン決済ができます。STICPAYのマーチャントリストはSTICPAY公式ページより確認して下さい。

※2.個人からマーチャントへの振り込みは、送金額の2.5%+0.3ドルの手数料が発生しますが、マーチャントへ賦課されるので手数料は無料となります。

個人からマーチャントへの送金は、例えばSTICPAYのマーチャントリストにあるFX業者XMへ送金する場合、送金額の2.5%+0.3ドルの手数料が発生しますが、XM側が負担してくれるので手数料は実質無料となります。


では、ここからはSTICPAYでの個人間送金のやり方を解説します。

1.STICPAY公式ページよりログインします

2.左メニューの「送金」をクリックします

STICPAY資金移動

  • 受信者メールアドレス:資金を送りたい相手のメールアドレス
  • 金額:送金額を入力
  • 受領金:金額の送金額を入力すると自動で表示されます
  • メッセージ:資金を送る相手にメッセージがあれば入力

受信者メールアドレスを入力したら「チェック」をクリックします。
入力が正しければチェックが入るので送金額を入力し、「次へ」をクリックすると送金の手続きは完了です。

STICPAY口座から送金額と手数料が差し引かれ、即座に相手の口座へ資金(送金額)が反映されます

STICPAYで獲得できるSCOINとは?

STICPAYで発生した取引手数料がSCOINとして還元

SCOIN(エスコイン)はユーザーがSTICPAYで取引をするたびに獲得できる専用の内部貨幣(仮想通貨)です。

STICPAYで行われるすべての取引(入金/出金/加盟店入金/両替など)で発生した取引手数料がSCOINとして還元されます。

ポイント還元のような仕組みで、SCOINを貯めて現金に換金できるので、一種の手数料削減の効果があります。

SCOINの獲得方法

STICPAY-SCOIN

計算式:取引手数料×SCOINの支給比率=SCOIN

例えば、STICPAY口座から海外送金で100ドル出金した場合、STICPAY側でかかる手数料は出金額(取引額)の5%なので、出金手数料(取引手数料)は5ドルになります。

そして、SCOINの支給比率は海外送金の場合20%となっているので、5ドルの20%である1SCOINが還元されます。

▼各取引のSCOIN支給比率一覧▼
取引の種類 方法 SCOINの支給比率
入金 BankWire(海外送金) 5%
クレジットカード 5%
Unionpay 5%
出金 BankWire(海外送金) 20%
BankWire(現地送金) 5%
STICPAYカード 5%
STICPAY内部振替 個人からマーチャント※へ 10%
マーチャント※から個人へ 10%
個人間送金 10%

※マーチャント(加盟店)とは簡単に言うと業者のことで、STICPAYを通してオンライン決済ができます。STICPAYのマーチャントリストはSTICPAY公式ページより確認して下さい。

SCOIN反映の具体例

例)クレジットカードでSTICPAY口座へ入金する場合

  1. カードでSTICPAY口座へ100ドル入金する
  2. 手数料は入金額の3.85%なので、3.85ドルの取引手数料が発生する
  3. カード入金の場合、SCOINの支給比率は5%なので、取引手数料3.85ドルの5%分である0.1925つまり0.19 SCOINが反映される

例)個人間送金の場合

  1. 個人から個人へ100ドル送金した場合
  2. 個人間の送金手数料は送金額の1%なので、取引手数料は1ドル
  3. 個人間送金の場合、SCOINの支給比率は10%なので、取引手数料1ドルの10%分である 0.10 SCOINが反映される

このようにSTICPAYではSCOINを取引手数料の一部から獲得することができます。

SCOINは全てのユーザーに適用され、SCOINの獲得状況はMypageで確認することができます。

SCOINの利用方法は?

STICPAY-SCOIN

SCOINは現金と同じように使用することができるSTICPAY専用の内部貨幣(仮想通貨)です。
1SCOINは現在の1ドルと同じ価値を持っており、30SCOIN以上貯まるといつでも希望の通貨(ドル、ユーロ、円、ポンドなど)に両替ができます。

STICPAY日本語サポート

STICPAYでは、日本語対応のサポートを完備しています。メールでの対応となりますが返信のスピードが早く、トラブルなどにも迅速に対応してもらうことができます。

不明な点や問題点が発生してしまった場合には積極的に利用してみましょう。

日本語サポート対応時間は平日10:00~18:00まで

STICPAYサポート問い合わせ方法

STICPAY公式サイトよりログイン後、左メニューのサポートの「お問い合わせ事項」をクリックします。

STICPAYサポート

項目 記入方法
問合せ内容 選択式(問い合わせの内容を選択)
メッセージ 質問、トラブル等を日本語で入力

日本語サポートの営業時間内であれば1~2時間ほどで、STICPAY日本語サポートチームよりメールで回答が届きます。

STICPAYの詳細情報は公式サイトで!
STICPAY公式サイトはこちら
STICPAY関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す