HotForex(ホットフォレックス)のスプレッドは海外FX最高水準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

top

ホットフォレックスを、まだ新興のFX業者だととらえている皆さんは少し考えを改めたほうが良いかもしれません。なぜなら、2017年10月に日本向けの営業を再開して以来ホットフォレックスは、XMをベンチマークにして、あらゆるサービス(ボーナスやスプレッド)において、XMの少し上のサービスを提示しています。

ホットフォレックスのスプレッドはXMより優秀

EUR/USDスプレッド 1.2pipsの衝撃(マイクロ・プレミアム口座)

たとえば、未入金ボーナスをXMが3000円を提示するなら、ホットフォレックスは5000円を提示。

XMのドル円の平均スプレッドが1.8pipsならば、ホットフォレックスは1.7pipsを提示。

ことあるごとに比較されるポイントで微差を出してきたホットフォレックスは明らかに業界のトップランナーであるXMに肉薄しようとしています。

もっとも一般的なスプレッドを提供する口座でもXMとの差は一目瞭然。
(※ XMはスタンダード口座、HotForexはマイクロ・プレミアム口座で検証)

通貨ペア XMTrading HotForeX
ドル円 1.8 1.7
ユーロドル 1.7 1.2
ユーロ円 2.6 1.7
ポンドドル 2.3 1.8
ポンド円 3.8 3.0
豪ドル/USドル 1.8 1.5
豪ドル/円 3.0 2.3
NZドル/USドル 1.8 1.9
NZドル/円 2.5 2.0

枡内は各スプレッドを表示

取引コストに差が出る狭小スプレッド(ゼロスプレッド口座)

さらに、手数料を払って、ゼロスプレッドが提供されるECN口座においても以下の通り。(※ XMはZERO口座、HotForexはゼロスプレッド口座で検証)

ちなみに、XMでは1ロットの往復取引につき、手数料は10ドル。ホットフォレックスは同条件下で手数料は8ドル。そのためスプレッド横のカッコ内はXMなら10ドル=1.0pipsを加えて実際の取引コストを計算しています。

通貨ペア XMTrading HotForex
ドル円 0.1(1.1) 0.2(1.0)
ユーロドル 0.1(1.1) 0.1(0.9)
ユーロ円 0.6(1.6) 0.8(1.6)
ポンドドル 0.3(1.3) 0.4(1.2)
ポンド円 0.9(1.9) 1.4(2.2)
豪ドル/USドル 0.4(1.4) 0.8(1.6)
豪ドル/円 0.6(1.6) 1.0(2.2)
NZドル/USドル 0.8(1.8) 1.0(2.2)
NZドル/円 1.2(2.2) 1.4(2.6)

比較的取引量の多い通貨ペアで有利な取引コストを提示しているホットフォレックス。

まんべんなく低い取引コストを提供しているXMTrading。

両者の違いが明らかになりました。

マイナー通貨ペアの取引コストが高いのは、ホットフォレックスの手数料には2段階あり、手数料が8ドルで済む通貨ペアと、手数料が12ドルになる通貨ペアと区別されているからです。

往復取引の手数料が8ドルの通貨ペアAUDUSD – EURUSD – EURJPY – GBPJPY – GBPUSD – USDCHF – USDJPY
往復取引の手数料が12ドルの通貨ペア
AUDCAD – AUDCHF – AUDJPY – AUDNZD – CADCHF – CADJPY – CHFJPY – EURNOK – EURNZD – EURPLN – EURON – EURAUD – EURCAD – EURCHF – EURDKK – EURGBP – EURHUF – EURCZK – GBPAUD – GBPCAD – GBPCHF – GBPNZD – NZDCAD – NZDCHF – NZDJPY – NZDUSD – USDCAD – USDCNH – USDCZK – USDDKK – USDHKD – USDHUF – USDNOK USDPLN – USDRON – USDRUB – USDSEK – USDSGD – USDTRY – USDMXN – USDZAR – ZARJPY

しかしながら、ホットフォレックスではメジャーな通貨ペアにおいて、非常に有利な取引コストでトレードができることがわかります。

海外FXふぁんくらぶを通して口座開設するとキャッシュバックが貰える

海外FXふぁんくらぶでは、現在1ロットの往復取引あたり0.68pipsのキャッシュバックを行っています。キャッシュバック率は業界でも高水準です。

関連記事:徹底解説 海外FXはキャッシュバックを受け取らないと損する理由

ホットフォレックスとパートナー契約を結んでいる海外FXふぁんくらぶでは、他のIBサイトでは出せない高キャッシュバック率を実現しています。

ホットフォレックスで口座開設をする powerd by 海外FXふぁんくらぶ

キャッシュバックを換算した取引コストをみる(マイクロ・プレミアム口座)

キャッシュバックを換算したホットフォレックスの取引コストを見てみます。

通貨ペア スプレッド(取引コスト) キャッシュバック 削減率
ドル円 1.7 -0.68 40%OFF
ユーロドル 1.2 -0.68 56%OFF
ユーロ円 1.7 -0.68 40%OFF
ポンドドル 1.8 -0.68 37%OFF
ポンド円 3.0 -0.68 22%OFF
豪ドル/USドル 1.5 -0.68 45%OFF
豪ドル/円 2.3 -0.68 29%OFF
NZドル/USドル 1.9 -0.68 35%OFF
NZドル/円 2.0 -0.68 34%OFF

海外FXふぁんくらぶのキャッシュバックを利用すると、平均37%の取引コストを節約できます。

Hotforex-Cash-Back1

特に、EUR/USDにおいては、56%も取引コストを削減できました。

傾向をみると、取引量が多く比較的スプレッドの狭い通貨ペアにおいて、取引コストはより多く節約できますね。

メジャー通貨で短期売買を繰り返す手法をとっている方にとっては、取引コスト削減は損益に直結しますから、経験者はキャッシュバックトレードを選んでトレードしています。

また、他の通貨ペアの場合でも海外FXを使う際は高レバレッジでトレードすることが大半ですのでスプレッドが0.1違うだけでもかなりの取引コストは節約できることになります。広いスプレッド分を相殺できるキャッシュバックは長くトレードを続けている方ほど利用率は高くなっていきます。

ロイヤリティプログラムで、さらに取引コストを節約する方法

ロイヤリティプログラムを申請すると1ロット往復取引につき0.3USD分の換金可能なポイントが発生します。

hottoforekkusu

ロイヤリティプログラムの詳細はこちら→「ホットフォレックスのキャッシュバック・ボーナスのまとめ

ロイヤリティプログラムに申請すると+0.3ドル分のポイント還元があります。それらを換算すると、トータルの取引コストは以下のようになります。(マイクロ・プレミアム口座)

通貨ペア スプレッド(取引コスト) すべてを換算した後の取引コスト 削減率
ドル円 1.7 0.99 42%OFF
ユーロドル 1.2 0.49 59%OFF
ユーロ円 1.7 0.99 42%OFF
ポンドドル 1.8 1.09 39%OFF
ポンド円 3.0 2.29 24%OFF
豪ドル/USドル 1.5 0.79 47%OFF
豪ドル/円 2.3 1.59 31%OFF
NZドル/USドル 1.9 1.19 37%OFF
NZドル/円 2.0 1.29 35%OFF

平均39.5%の取引コストを削減できました。ユーロドルの0.49pipsの取引コストは、ほぼ国内FXと同じですから、国内スプレッドとほぼ同等で高レバレッジ取引を試せるのは、よいですね。

Hotforex-CashBack3

この内容と同じ取引コストでトレードできるマイクロ・プレミアム口座を開設する。(海外FXふぁんくらぶのホットフォレック専用ページに飛びます)

閑話休題   実質スプレッド=取引コスト

売値と買値の差で生じるスプレッドは、FX会社の収益になっており、実質FX取引における手数料です。
そのため、実質スプレッドとは、取引コストという意味で用いられます。1日10万通貨取引するトレーダーが1.5pipsのスプレッド幅の通貨ペアを取引した場合にかかる取引コストは、半年でおよそ225pips。意外に高い取引コストを払ってますよね。海外FXでは主に、キャッシュバックやボーナスを反映させたスプレッドのことを指しますが、それは海外FX特有の事情が反映されています。海外FXは追証なしでハイレバトレードができるため人気ですが、スプレッドが広いため、どうしても取引コストはかさんでしまいます。そのため賢明なトレーダーはボーナスやキャッシュバックを使って、取引コストを圧縮し、実質スプレッドを狭くする努力をしています。

海外FXふぁんくらぶでは、実質スプレッド比較をやっており、本当にお得なFXブローカーや口座はどれか調べるための手助けをしています。

実質スプレッドを見るなら、海外FXふぁんくらぶ「実質スプレッド比較」

どの口座を選べば、取引コストは一番お得?

ホットフォレックスの特徴をあげるとすると、その口座タイプの多さでしょう。
どの口座が一番、あなたのトレードスタイルに合っていて、なおかつ取引コストを抑えられるか、確認していきましょう。

・マイクロ口座
・プレミアム口座
・ゼロスプレッド口座

個人トレーダーが選択するとしたら、この5つの口座になります。

※口座数は全部6個あり、他、AUTO口座のスペックは、自動取引用の口座ですがスペックはプレミアム口座と同じです。PAMM口座は法人口座専用で、HFCOPYはコピートレードサービス専用口座です。

※2019年1月8日より固定スプレッドを提供していたFIXED口座およびプロフェッショナルトレーダー向けに提供していたVIP口座サービスを停止により、FIXED口座とVIP口座の新規の口座開設ができなくなりました。
なお、以前開設したFIXED口座・VIP口座を使用されている場合は、今後も問題なく利用できます。

マイクロ口座

マイクロ
レバレッジ 1:1000
最低入金額 5ドル
取限サイズ上限 5lot
注文方式 STP

取引コストのベスト節約方法は以下の通りです。

・自分にとって一番お得なボーナスを選択
・ホットフォレックスロイヤリティプログラム申請
・海外FXふぁんくらぶ キャッシュバック -0.68pips

上記のことを実行すると、平均39.5%の取引コストが節約できます。

COMMENT
海外FX初心者や試しに使ってみたい人向けの口座。レバレッジは1000倍までOKですが、一度の取引サイズの上限は5lotまで。

プレミアム口座

プレミアム
レバレッジ 1:400
最低入金額 500ドル
取引サイズ上限 60lot
注文方式 STP

取引コストのベスト節約方法は以下の通りです。

・自分にとって一番お得なボーナスを選択
・ホットフォレックスロイヤリティプログラム申請
・海外FXふぁんくらぶ キャッシュバック -0.68pips

上記のことを実行すると、平均39.5%の取引コストが節約できます。

COMMENT
スタンダードで高クオリティを保つ口座。注文方式はSTPで、レバレッジは400倍。すべてのボーナスに対応しているため、最も人気のある口座。

ゼロスプレッド口座

ゼロスプレッド

 

レバレッジ 1:200
最低入金額 100ドル
取引サイズ上限 60lot
注文方式 ECN
手数料:1ロット往復取引8ドル/ AUDUSD,EURUSD,EURJPY,GBPJPY,GBPUSD,USDCHF,USDJPY
それ以外の通貨ペアの手数料は12ドル

取引コストのベスト節約方法は以下の通りです。

ホットフォレックスロイヤリティプログラム申請
海外FXふぁんくらぶ キャッシュバック -0.255pips

上記のことを実行すると、平均17%の取引コストを節約できます。

COMMENT
ECN方式でスプレッドの超狭い口座。ボーナスもなく、取引手数料は1lot往復取引ごとに8ドルとられるが裏を返すと、それだけ優秀なスプレッドを提供してくれている。

口座開設 注意事項
・入金方法はクレジットカード、デビットカード、ビットコイン、マイビットウォレット入金。
・最大5つまで口座開設可能(口座間移動も手数料なし)
・口座の基軸通貨はドル建てかユーロ建てのどちらかを選択します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す